TOP > 大学案内 > 教員紹介 > 総合政策学部教員紹介 > 小林 慶太郎

小林 慶太郎
KEITARO KOBAYASHI

こばやし けいたろう

副学長・教授

小林 慶太郎

担当科目

政治学
地方自治論

政策過程論

マイノリティ政策

食とまちづくり

専門演習 ほか


専門分野

地方自治論
行政学
公共政策

プロフィール

 1969年生まれ。慶應義塾大学大学院在学中より、藤沢市オンブズマン専門調査員や、(財)地方自治研究機構研究員を務め、自治体行政の抱えている問題点の調査や、地域振興・広域行政などに関する調査、各種の計画・構想の策定などを手がける。

 2001年4月に本学着任後も、政治学や地方自治論、マイノリティ政策などの講義を担当する傍ら、地方自治体の職員研修の講師、地域づくり等に関わる講演会・シンポジウムの講師や、コーディネーター・パネリストなどを、各地で務めている。

 主たる研究テーマは、地方自治体における政策過程だが、調査研究だけでは飽きたらず、自らも、各地の地方自治体での様々な条例・計画などの政策形成過程に関わったり、まちおこしに取り組んだりと、実践と研究の両立を目指している。ご当地グルメ「四日市とんてき」を活かし四日市のイメージアップを図ろうと自らが中心になって設立した一般社団法人「四日市とんてき協会」の代表理事という顔も持っている。

 


研究テーマ

1. 地方自治体における政策過程:
政策の形成・実行のプロセスと、住民・議会・首長・自治体職員の関り方を研究。

2. 公共的領域における役割分担のあり方:
民と官、市町村と広域行政、市町村と狭域(いわゆるコミュニティ)の役割分担を研究。

3. 住民参加のまちづくり:
市町村レベルでの住民参加型の条例づくり・計画づくりについて、実践的に研究。

4. マイノリティ政策:
地方自治体における、外国人や性的少数者などのマイノリティをめぐる政策を研究。

メッセージ

世の中を住み良く変えていくには一人ひとりの努力が大切。他人任せにせず、お互いに出来ることから取り組んでいきましょう!


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200