TOP > 「よっかだいエコ活動」が下野地区の筍イベントに参加

「よっかだいエコ活動」が下野地区の筍イベントに参加


 「よっかだいエコ活動(正式名称は四日市大学環境協働活動会議)」(以降、エコ活)は、4月21日(土)に大学近くの下野地区で開催されたイベント「竹の子ホリホリ下野っ子」に参加しました。下野地区では伊勢竹鶏物語の事業展開の話があり、四日市大学との交流が始まっています。エコ活のメンバーも地域活性化イベントに協力しようと参加しました。
 当日は生憎の雨模様となりましたが、今年は筍がたくさん顔を出し、参加した皆さんは雨を忘れて筍堀りを楽しんだようです。エコ活の学生は、とん汁の制作と販売、伊勢竹鶏物語の竹っ鶏卵の販売を担当し、地域の方々と会話をしながらイベントを楽しみました。
 なお、今回の活動に参加したのは5名の学生(吉兼、村澤、近藤、後藤、岡崎)と2名の教員(高橋、千葉)です。


【下野地区のたけのこホリホリ大会の本部テント】
地域の方々だけでなく、遠方からの参加者も多数あった。


【イベントの準備を進める下野地区の皆様】
手前のとん汁販売では「よっかだいエコ活動」の
学生も手伝った。

【伊勢竹鶏の竹っ鶏卵の販売も行われた】
養鶏ビジネスを進める環境情報学部卒業生の田代慶光君
(前列左)、林洋輔君(前列右)。後列左はよっかだいエコ活動の近藤慎也君、後列右は環境情報学部の高橋正昭教授。

【次々にタケノコを掘りだすツワモノもいた】

大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200