TOP > ステップアップエコカレッジと「川の先生になろう」

ステップアップエコカレッジと「川の先生になろう」


 四日市市環境学習センターが主催、四日市大学エネルギー環境教育研究会が運営する環境学習講座「ステップアップエコカレッジ」の第2回目と「川の先生になろう」の講習会が6月30日に内部地区市民センターで開催されました。
 午前中には「ステップアップエコカレッジ」が行われ、「伊勢湾の四日市の河川環境」と題して、環境情報学部の千葉賢教授が約2時間の講義の講師を務めました。30名を超える参加者があり、講義を熱心に聞いておられました。講義後には、「長良川河口堰とセントレアは伊勢湾の環境にどのような影響を与えたか」「台風は伊勢湾の環境にどのように影響しているか」など熱心な質問や意見がありました。
 午後には近くの内部川で「川の先生になろう」の講習会がありました。この取組は小学生などに川の生物を教える指導員を養成するものです。参加者は膝まで川に入って、たも網などで生き物を集め、環境学習センターの谷崎様や指導員の方々の指示に従って分類し、生物名を覚えました。短時間の採取でしたが、非常に多数の生物を確認できました。川の汚れ状態を表す指標生物も採取でき、内部川は「やや汚れた川」に分類できることなどがわかりました。
 なお、この講座と講習会はCTYとメディアネット四日市の取材を受けました。CTYはこの模様を7/2(月)のNEWSエリア便(ストリーミング放送はこちら)で放送予定です。メディアネット四日市は約1週間後に四日市映像広場に映像をアップする予定です。是非、ご覧ください。



【ステップアップエコカレッジの様子 】


【「川の先生になろう」で川岸の生物を採取している様子】


【採取した生物を分類している様子】

大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200