TOP > 高橋ゼミによる下水処理施設見学

高橋ゼミによる下水処理施設見学


 平成24年7月11日(水)午後、高橋ゼミ2年生8名が四日市市の下水処理場、日永浄化センターの見学を行った。当該施設の見学は毎年、この時期に行っているもので、公害防止管理者試験などにおいて基本となる水処理技術を理解するため、施設を直に目で確かめることがねらい。
 参加者一同は近鉄新正駅から天白川堤防を15分ほど歩いて現地に向かった。途中の道沿いでは食肉処理場や中央緑地公園について説明を行った。
 施設では羽田場長からスライドやビデオを用いた説明を受けた後、水処理施設の現場見学を行った。時々雨が降る悪天気にもかかわらず参加者は活性汚泥法による汚水処理の仕組みや、生成する余剰汚泥処理などについて真剣に説明を聞いていた。下水処理施設見学は初めてという学生もあり、生物処理を実感することができた。




【施設見学の様子】


【屋内で説明を聞く様子】

大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200