TOP >2019年度 第1回四日市大学ビブリオバトルを開催しました(情報センター)

2019年度 第1回四日市大学ビブリオバトルを開催しました(情報センター)

 

 令和初の四日市大学ビブリオバトルが、6月25日(火)に開催されました。
 今回は各学部の3年生が参加し、日本のみならず欧米の歴史やホラーを広範に取り上げた名著を紹介してくれました。
 会場はかつてないほどの激戦の様相を呈し、質疑応答を含め興奮 のるつぼと化していました。

 発表者等詳細は、次のとおりです。

・平井 遼 さん(総合政策学部3年) : 『天地明察』 冲方丁【著】
 江戸幕府の威信をかけた貞享暦の製作者:渋川春海の半生   

・狩野 大翔さん(総合政策学部3年) : 『1984年』  ジョージ・オーウェル 【著】  
 全体主義へ警鐘を鳴らす冷戦下のベストセラー   

・鈴木 拓真 さん(環境情報学部3年) : 『ラヴクラフト全集1』 H・P・ラヴクラフト【著】      
 鬼才による怪奇小説ファン必読の書   

・リュウ ブンハク さん(環境情報学部3年) : 『人類の星の時間』 シュテファン・ツヴァイク【著】      
 悠久の歴史における天才達の運命的瞬間 

 

  「チャンプ本」には、リュウブンハクさんが以前から一読したいと思っていて、ビブリオバ トルを契機に紹介した『人類の星の時間』が選ばれました。   
 ビブリオバトルが、令和とともに発展性を伴って展開することを情報センタースタッフ一同 切望しています。

 

  ナタンさん


『天地明察』を紹介する平井 遼 さん 『1984年』 を紹介した狩野 大翔さん



川名 遼太 さん


『ラヴクラフト全集1』を紹介する鈴木 拓真 さん

『人類の星の時間』を紹介し、
 チャンプ本に選ばれたリュウ ブンハク さん


質疑応答の様子

 


大学ニュース


資料請求

各種お問い合わせ先


ページトップへ


四日市大学 〒512-8512 三重県四日市市萱生町1200