留学生支援センター


 top >

暁高校文化祭でネパールの展示とベトナムの踊りを披露しました

 9月21日と22日、本学留学生が暁高校文化祭でネパールの展示とベトナムの踊りを披露しました。展示は、毎年同校国際交流部の皆さんと共同で行う恒例行事です。
 ネパールの展示は2日間に亘り行われ、来場された方々にネパールの自然の風景や学校、子供たちや働く人々、食べ物などの写真や資料を見ながら説明を行い、ネパール語での挨拶も交わしました。また、髪飾りなどの雑貨や「ラッドゥ」というゴマとサトウキビから出来たネパールのお菓子も販売し、召し上がっていただいた方々からは「甘くて素朴な味で美味しい」と大好評でした。
 21日は、本学留学生のゾシマノジさん(経済1年生)とゴタメサルキハリサランさん(経営1年生)の2人が展示を担当し、22日は民族衣装を身に纏ったダンゴルショバさん(環境情報2年生)が高校生や一般の方に民族衣装「サリー」の着付けを行い、タンドゥカルアミットさん(環境情報2年生)が高校生に囲まれて談笑する光景も見られました。
 また、22日の文化祭閉会式では、ベトナムからの留学生5人が踊るダンスが披露され、その美しさに会場全体が魅了されたようでした。5人はこの日のためにベトナムから衣装を調達し、勉強とアルバイトの合間を縫って練習に励みました。参加したベトナムの留学生は、ホァンフーンタオさん(経済2年生)、チャンゴックフンチャウさん(経営2年生)チャンティツゥイさん(経営2年生)、チャンヴァンアンさん(経営2年生)、ヴォントゥイヴイさん(経営1年生)です。
 参加した留学生にとっても、日本の高校文化祭に参加するというのは、日本文化を学ぶという意味において、大変貴重な経験となったようです。

ページTOPへ