Faculty of Environmental and Information Sciences
環境情報学部

今世紀は人と情報・社会・自然とのバランスのよい環境づくりが急務となっています。環境情報学部では、人を中心にバランスのとれた環境づくりを目指し、幅広い教養と専門技術を用いて環境問題に対処できる知識と技術の修得を目的とした学部です。また、高度成長期、産業活動の弊害を克服した歴史を持つ四日市市に存在してこそ、意義のある学部といえるでしょう。

Q

「環境情報学部」ってどんな学部ですか?

A

地域の豊かな環境を守り、メディア情報技術で
社会の発展に貢献する未来のリーダーを育成します。

海洋環境の汚染や生態系の破壊など、環境問題は、SDG’s(持続可能な開発目標)の浸透もあいまって、今や国際的な関心事となっています。 また国や自治体が主導してICT(情報通信技術)の活用促進に取り組むなど、デジタルメディアは社会全体に多大な影響を及ぼしています。 環境情報学部では、こうした時代の要請に対応すべく、環境に関する専門知識・技術を修得し、独自の視点で情報発信できる人材を育成します。

環境情報学部には2つの専攻があります。

環境情報学部

環境科学専攻

Q
特徴は?
A

環境問題を体験的に学び、
持続可能な社会への貢献ができる人材を育成します。

環境科学専攻では、環境に関する専門知識・技術を体験的に修得し、SDG’sの達成や地域循環共生社会の形成に貢献できる人材を育成します。 実験や分析などの科学的手法に加え、地域の自然の中から学ぶフィールドワークを多数用意。 自然や生物が好きな学生が、楽しみながら環境問題を探求できるカリキュラムです。

Q
どんな人におすすめ?
A
  • 地域の環境問題を
    フィールドで
    学びたい人
  • 河川や里山で自然環境や
    生物環境の調査を
    したい人
  • 海洋・海岸の環境問題
    について調査・分析
    したい人
Q
どんな未来が待っている?

「企業の環境部門で日々、持続可能な地域社会づくりを目指し活躍している」

自然が好きで、環境を守る仕事に就きたいと四日市大学に入学した。 大学では地域の環境を教材に、山、海、川のフィールドに飛び出して、沢山の科学的な知識と分析技術を身につけた。企業に就職して環境部門に配属され、利益だけでなく、社会に貢献する企業となるために、日々努力を続けている。週末には、今でも家族で海岸清掃に時々参加したりなど、市民としても環境活動を続け、充実した日々を送っている。

目指す資格

○ 公害防止管理者(国)   
○ 環境計量士(国)   
○ eco検定(環境社会検定試験)   
など

将来の進路

○ 一般企業の環境保全部門   
○ 環境調査・管理企業   
○ 公務員   
○ 大学院進学   
など   

環境情報学部

メディア情報専攻

Q
特徴は?
A

AI・IoTなどの最先端の情報技術と
映像をはじめとするさまざまな
メディア表現を広い視野で学べます。

メディア情報専攻では、ITやデータサイエンス、Webなど、情報社会で必要なスキルとともに、映像を中心とした作品制作、音・光を使ったライブ表現など、 各種メディアを用いた表現手法を学修。AIやIoTを活用した新しい情報社会「Society5.0」をリードする人材を育成します。

Q
どんな人におすすめ?
A
  • IT(情報通信技術)の
    知識や活用法を
    修得したい人
  • AI(人工知能)の
    ビジネス活用に
    ついて学びたい人
  • 映像を中心に
    様々な作品を
    制作したい人
Q
どんな未来が待っている?

「大学でスキルとともに感性を磨き、
IT企業でクールなコンテンツ作りをしている。」

ゲーム好きをきっかけに、コンピュータに興味を持ち、四日市大学へ入学。学生時代に体得したITリテラシー・メディアリテラシーを発揮して、エンジニアとして社会を動かす情報インフラを担う、クールなコンテンツを作るなど、サイバー社会 Society5.0 のいたるところに活躍の場を広げている。

目指す資格

○ 基本情報技術者(国)   
○ ウェブデザイン技能士(国)   
○ 映像音響処理技術者 など

将来の進路

○ プログラマー   
○ Webデザイナー   
○ 映像ディレクター   
○ 音響エンジニア など

Back to Site Top