四日市大学では、学生一人ひとりの希望や適性に合わせた進路を見つけていくために、すべての教職員による強力なサポート体制をとっています。3年生からスタートする就職ガイダンスでは、具体的な就職活動の準備から、内定獲得後の対応まで、就職活動におけるすべての知識をわかりやすく理解することができます。その他、企業紹介、求人情報提供、就職試験対策など多彩なサポートプログラムを提供しています。四日市大学は、学生の希望実現に向け、最後までとことん付き合っていきます。

就職ガイダンス

3年時の水曜日の3限目に「就職ガイダンス」を実施しています。就職情報会社の方をお招きして就職活動について様々な内容の講義をしていただいています。インターンシップの準備や就職活動の進め方、企業の探し方、自己分析の仕方、筆記試験対策や就職活動マナーなど、就職活動を進めていくための内容となっています。

就職活動研究会

就職活動本番に向けて、毎年2月に「就職活動研修会」を一日かけて実施しています。午前は、模擬グループ面接、就職活動マナーや履歴書について、就職ガイダンスで学んだことをより実践的に学びます。午後は、業界研究セミナーなどの合同企業説明会に参加します。
模擬グループ面接の様子  実践!マナー講座の様子

 

インターネット求人票検索システム(J-NET)

24時間アクセス可能、
地元学生もUターン学生も
貴重な時間を有効に活用できます。
インターネットの活用が就職活動においても一般化した現在、四日市大学では学内はもとより、自宅や外出先のパソコンからも大学に届く求人票を検索できる、求人票検索システムを導入しています。これにより、最新の求人情報をすばやく検索することが可能となり、貴重な時間をより有効に活用することができます。

履歴書、エントリーシート添削・模擬面接

履歴書、エントリーシートなどの添削指導はもちろん、就職試験で高いウエイトを占める面接試験対策として、本番さながらの模擬面接を実施しています。面接が不安だという学生は企業面接の本番前に模擬面接を受けてみてください。 その他、3年生時には1回、4年生時には複数回個人面談も行っています。個人面談では、就職活動だけではない幅広い内容の話になることもあります。どのような時でも学生一人ひとりに合わせたきめ細かな対応を心がけています。

インターンシップ

在学中に企業や自治体などの職場で
就業体験を行います。
インターンシップは、在学中に企業や自治体などの職場で、あらかじめ決められたプログラムに従いながら就業体験を行うものです。本学では、すべての学部でインターンシップを単位認定しています。インターンシップを通じて、アルバイトとは異なった視点から、企業や仕事のあり方などを体験し学び、将来の職業選択などにも役立てることを目的としています。
Back to Site Top