四日市大学アセスメントポリシー

 四日市大学では、教育の成果を可視化し、教育改革を恒常的に実施する目的で、3つのポリシーに即した 独自の評価指標に基づき、学生の学習成果を検証するよう定めています。
 学生入学時から卒業時までを視野に入れ、機関(大学)レベル・教育課程(学部・学科)レベル・科目(個々の授業) レベルの3つのレベルにおいて、多面的に行うこととし、各時点・各レベルに以下のような指標を配置し、成果を検証します。

1.機関レベル

 入学前から入学後、在学中の学修成果の達成状況を検証します。検証結果は、四日市大学の現状把握、全学的な教育改革・改善、学生・学習支援の改善などに活用します。

2.教育課程レベル

 学部・学年ごとに、カリキュラム・マップを用いて、各学生の単位取得状況・GPA、資格の取得状況、課外活動などを確認。教育課程全体を通した学修成果の達成状況を検証します。

3.科目レベル

 シラバスで提示された授業等科目の学修目標に対する評価、及び学生アンケート等の結果から、科目毎の学修成果の達成など状況を検証します。

※1~3のレベルごとの指標確認にあわせ、本学独自の「成長スケール」を活用し、4年間の大学生活を通して、学生がどの程度の成長を達成できたのかも確認することができる。

レベル 入学前・入学後 在学中 卒業時
質保証 APを満たす人材か CPに沿った学習をしているか DPを満たす人材に成長したか

機関レベル

〔大学〕

入学試験 学生調査(GPA/出席率含む) 卒業率
学生調査 休・退学率状況 学位授与数
調査書の記載内容 課外活動状況 就職率・就職状況
入学時の満足度調査 学生満足度調査 進学率・進学状況
入学前教育プログラム 学生生活実態調査 卒業生の満足度調査
プレースメントテスト 成長スケール 成長スケール
教育課程レベル
〔学部・学科〕
入学試験 学生調査(GPA/出席率含む) 学生調査(GPA/出席率含む)
入学時の満足度調査 休・退学率状況 資格取得状況
面接・志望動機 カリキュラムマップに基づく単位取得状況 単位取得状況
プレースメントテスト 学生満足度調査 卒業時満足度調査
  課外活動状況 就職アンケート調査
  出欠状況 就職率・就職状況
  授業改善アンケート 進学率・進学状況
科目レベル
〔個別の授業〕
入学試験 成績評価  
プレースメントテスト 履修中止数  
  出欠状況  
  授業改善アンケート  
Back to Site Top